マリネラ(Marinera)とは、ブラジルのサンバ、アルゼンチンのタンゴと共に南米3大ダンスの1つに挙げられるペルー共和国を代表する情熱的なペアダンスです!
男女ペアで、男女とも白いハンカチを右手に持ち、6/8拍子のリズムで踊るのが大きな特徴です。
マリネラは競技ダンスとして確立されており、発祥の地であるペルー北部沿岸に位置する都市Trujillo(トルヒーヨ市)では毎年1月の末に1週間かけて世界大会が行われています。また、ペルー共和国の無形文化遺産に登録されています。


こちらはマリネラの世界大会の様子です。
​世界大会はマリネラ発祥の地ペルー北部のトルヒーヨ市(TRUJILLO)にて毎年1月の最終週に1週間かけて開催され、最終日の日曜日はこのようにペルー全土で生中継されます
​世界大会は、参加者の年齢ごとにカテゴリが分けられ、一番下は6歳以下の部から最年長は63歳以上の部まで、9つのカテゴリがあります。そのカテゴリごとにその年代にふさわしい表現の踊りが求められます。
​こちらの動画のカテゴリは22歳から34歳までの大人の部の決勝戦です。


Facebook